格安航空券の仕組みと旅行

格安航空券の仕組みと旅行

格安航空券の仕組み

格安航空券は今では一般的になって来ました。
以前は団体用のチケットをバラ売りすることで安く航空券を提供していましたが、今でもそのような仕組みは変わっていないようです。
簡単に仕組みを説明して行きましょう。

 

まず航空会社が旅行会社などに団体用の航空券を売ります。
その売られた航空券を旅行会社は自社で必要な分だけ確保し、余った航空券を中小旅行会社に売ります。
このような仕組みになっているため、基本的には大きな旅行会社のほうが販売価格を低くすることができます。
中小旅行会社との差を少なくするために価格を設定している旅行会社もあります。

 

そういった中で格安航空券を売るというのは非常に利益の少ないものになります。
そのためそれだけを販売している会社は経営が難しいと考えられるでしょう。
しかし実際には、航空券を売った販売数によって航空会社から割戻金という物をもらうことができます。
この割戻金が大きいので、割戻金をもらうために航空券を売りたいというのが旅行会社の本音になります。
そのため格安航空券を販売しても経営をしていけるのです。

 

格安航空券に嫌なイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし実際にはこういった仕組みによって格安航空券が販売されているので、購入する側が損をすることはありません。
むしろ仕組みをしっかりと知ることで、安心して格安航空券を利用することができるでしょう。
興味を持った方は是非格安航空券ならコチラで手に入れることができます。

 

ツアーにもデメリットがあります

 

海外旅行に行く際には、ツアーで旅行をするというのが一般的でしょう。
ツアーは確実に現地の観光地を押さえてくれていますし、余計な心配をする必要がないのでスケジュール通りに旅行をするだけで楽しめます。
特に海外旅行は国内旅行と違って危険性が高いです。
そのため補償などがあるツアーのほうが、安心することができます。

 

しかしやはりツアーにもデメリットがあります。それは費用です。
個人の判断基準にもよりますが、補償などが必要でないと考える人もいます。
そういった人にとってはツアーに組まれている補償などにかかる費用は無駄に感じるかもしれません。
また、航空券とホテルを自分で安いものを探して予約したほうが安く済むということもあるでしょう。
現地の物価が安い場合には、ホテルは現地で予約したほうが、安く済むでしょう。

 

また、ツアーの中にも自由時間が多いことがありますが、自由時間で行動できる範囲というのは決まっていて、ちょっと足を伸ばして、ということはできません。
自分の行きたいところを調べていても、実は距離的に行くことができない、なんてこともあります。

 

強いてツアーのデメリットを上げるとすればこのような点でしょう。
実際には海外旅行はツアーで行ったほうが無難です。
海外に慣れている人は個人旅行を楽しむという選択肢もありますが、初めての海外の場合にはツアーを利用することをおすすめします。



ホーム RSS購読 サイトマップ